【どうなる】9月入学のメリット・デメリットをまとめてみた【コロナ】

受験

9月入学?

新型コロナウイルスの影響で、突如話題に上がるようになった9月入学。

アメリカ・ヨーロッパ圏など、実は海外は9月入学が主流の国が多かったりするのですが、日本では聴き慣れない言葉ですよね。

そこで今回は9月入学になるとどのようなメリット・デメリットがあるのかをまとめていきたいと思います。

〜本記事の内容〜

  • 9月入学のメリットまとめ
  • 9月入学のデメリットまとめ

スポンサードサーチ

9月入学のメリット

まずはメリットです。

新型コロナで失われた期間を取り戻せる

全国ほとんどの学校が、例年通りの4月から授業が行われていません。

そして休校がいつまで続くかわからない状況で、本来やるべきだった授業範囲ができないという現状があります。

9月入学にすることによって、この期間を実質なかったことにできるのです。

格差を解消できる

学校によって再開時期が異なったり、オンライン授業を進めていたりしています。

そうなると、早く再開した学校の生徒・オンライン授業を取り入れていた学校の生徒は、それがなかった生徒に比べて有利になると言えるでしょう。

これが今、問題視されている格差です。これをなくすために9月入学は検討される必要があります。

なくなった大会・行事を取り戻せる

また全中・インターハイなどの大会や入学式や修学旅行といったイベントも中止が決定されてきいます。

9月入学でこれらを取り戻せることになります。

どの時期に行うかなどは議論する必要がありますが、スポーツの大会などは推薦で進学を考えている生徒にとってとても重要な機会だと思いますので、これらが改めて開催されるのであれば良いニュースですね。

今のままだと受験・就職が困難

受験は1〜2月のイメージがありますが、受験の形態が多様化している今ではもっと早いうちから選考が開始されます。

したがって今のままでは、そういった入試が正常に行われるかもわかりません。

また就活に関しても同じことが言えます。

多くの就活生が説明会の中止などで、普段通りの就活ができていません。

これらも解消すべき問題です。

大雪・インフルなどの受験トラブルを減少

次の2つは新型コロナウイルスの影響どうこうではなく、単純に9月入学になることにより生まれるメリットです。

一般的に入学試験が行われる冬の時期は、地域によっては雪という抗えない気象現象によって引き起こされるトラブルを避けては通れません。

またその時期はインフルエンザの流行も起き、少しの非日常が命取りになる学生にとっては死活問題です。

9月入学になると受験の時期がずれることになるので、冬に受験が行われるが故のトラブルはなくなります。

留学がしやすくなる

最後は留学がしやすくなるという意外なメリットもあります。

先ほど少し触れましたが、アメリカやヨーロッパなどの留学に人気がある地域は9月入学が行われていることが多いです。

4月入学だとそれらの地域に留学する際、空白の期間ができてしまいます。

留学しやすくなるというのは、良いメリットであると思います。

9月入学のデメリット

続いてはデメリットです。

受験生の精神的負担

今年受験生である生徒たちは、例年通りに受験ができるのか分からない状態にあります。

また9月入学が導入されるのか、されないのかが早く決まらないと受験時期の変更も気になってしまいます。

9月入学が決まっても前例のない受験になるのは間違い無いので、精神的負担は大きいと思います。

教育現場の混乱

学校で勤務する先生たちの混乱も回避できないでしょう。

行事をいつ行うかなども改めて検討する必要もありますし、一から作り上げていかないといけないので、ただでさえ負担の大きい業務にさらに負担がかかります。

また例年教師の異動は3月ごろ行われるので、それにも影響があります。

学生の金銭的負担の増加

今学生である人は、9月入学になると半年学生として学校に在籍する期間が長くなります。

そうすると学費だったり、大学生であれば家賃だったりの金銭面的な負担が大きくなります。

学費などはもしかしたら何かしらの措置が取られるかもしれませんが、流石に家賃などの補助は現実的ではないと思うので、負担が増えることは確かです。

4月入学という伝統

9月入学制が導入されれば、入学=4月という深く根付いた伝統を覆すことになります。

これは気持ちの問題ではありますが、桜が入学を盛大に祝うイメージがあったり、桜が咲く=合格のイメージがあったりと、そういう根付いた習慣のようなものが変わるのは、少し悲しいことではあります。

就職の時期とのズレ

学校が9月入学になっても企業側はどうなるかわかりません。

9月ごろに卒業しても入社が4月だったら空白の期間ができてしまいます。

また、9月に入社にしても企業側も大きな負担が強いられることになるので、そこまでメリットが無いなら大変な改革になるでしょう。

年度を見直す

学校だけでなく会計や確定申告なども年度という区切りで使われています。

今後「9月」というものがスタートの基準になるのであれば、年度という仕組みは見直す必要性があります。

変更があるということは何処かに業務のしわ寄せがあるので、負担を被る人が出てきます。

来年の生徒が大幅に増える

最後は短期的なデメリットですが、もし9月入学が実現すれば来年の生徒の数は1.5倍になります。

そうすると学校側が生徒を収容できるのか、入試の枠が熾烈になるなどの問題を生み出すことになります。

まとめ

メリットもデメリットも様々

9月入学の導入は色々な箇所が関係する、とても大きな問題です。

ですので、メリット・デメリットが多く一概にどちらが良いというのは難しいです。

ただ格差の問題が生まれてしまっているのは事実ですので、どうなるでしょうか。