【大学】大学に行く意味はあるのか?現役大学生が考えてみた

受験

はじめに

みなさんはしっかりとした目的を持って、大学を志望しているでしょうか?

「友達がみんな大学に行くから・・・」

「なんとなくいっといたほうがいい気がするから・・・」

「学歴が欲しいから・・・」

などの曖昧な志望動機を持っていると、のちのち後悔することになるかもしれません。

そこで今回は「大学に行くこと」の意義について詳しく見て行きたいと思います。

大学はめちゃくちゃ学費が高い

ご存知かと思いますが大学へ通うには多額に費用がかかります。

それがゆえに、「大学に行く意味はあるのか」という話が議題に上がるのです。

数百万円の学費に加えて、一人暮らしする場合は家賃や生活費なども負担になります。

それでいて大学に行ってもまともに勉強しないのであれば、とても無駄な出費になってしまいますよね。

さらに奨学金という借金をしてまで通う意義はあるのでしょうか。

大学を出ないと取れない資格・なれない職業がある

医者や学校の先生などになるためには、大学を出る必要があります。

そのためそういった職業に就きたいと考えているのであれば、大学に行く意味はあると言えるでしょう。

一方で公認会計士などの資格は大学を出なくても取ることができます。

卒業後の進路をよく考えておく必要があります。

就職の目標としてる大企業がある

大学を出る一番のメリットと言えるのは、大企業への就職ではないでしょうか。

多くの企業では新卒採用の際に学歴を重視しています。

また学歴フィルターという存在があるように、高学歴は大企業への就職に有利に働きます。

ですので目標としている企業があるのであれば、大学を出るというのは選択肢になると思います。

しかし

大企業=安泰

という風潮も徐々に変化しているようです。

それなので、大企業への就職がそこまでいいことなのかという疑問が残ることは覚えていたほうがいいかもしれません。

勉強・研究がしたいなら迷わずGO

元を考えれば大学は勉強をする場なので、学ぶことが好きな場合や研究したい分野がある場合は是非通ったほうがいいでしょう。

しかし先ほど言った通り多額の金が必要になりますので、それに見合う学習空間が整っているかはよく吟味する必要があります。

特に理系であれば大学でしか学ぶことができない学問があるはずですので、そういった分野に関心があるのであれば大学に行くのはいい選択になると思います。

惰性で通うのはやめたほうがいい

上記の3つに当てはまらないのであれば、正直大学にいかなくていいと思います。

時代も変わってパソコンやスマホで仕事ができるようになってきていますし、そこまでいい企業への就職にこだわりすぎなくてもいいのかな、と考えています。

それほどに大学というのはとてもお金がかかるところです。

それに見合ったものが卒業後に得られないのであれば、無駄になってしまいますよね。

じゃあどうすれば?→スキルを身につける

その分をスキルを身につけるのに費やすといいかと思っています。

例を挙げればプログラミングスキルや、Webデザインのスキルなどです。

私の考えでは、これといったスキルのない大卒よりも学歴はないけどスキルのある人材の方が価値があるのでは、と思います。

私自身は教員の免許を取得する目的で大学に通っていますが、その傍で役立つスキルを身につけるための勉強をしています。

さいごに

いかがだったでしょうか。

この記事を読んで、大学に行く意味についてもう一度考え直していただけたらと思います。

大学に通うか否かは人生の大きな分かれ目になりますので、流れに任せずよく考えて選択して欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました