【学費半分】慶應大学のおすすめ奨学金を紹介【学問のすすめ】

受験

スポンサードサーチ

はじめに

今回は「早稲田大学のおすすめ奨学金を紹介します」

https://engedublog.com/【学費半分】早稲田大学のおすすめ奨学金を紹介

の慶應大学Ver.になります。

是非そちらもご覧ください!

国立・公立大学と私立大学では、入学金と学費だけで約100万円もかかる費用が変わってきます。(文系学部の場合。)

早稲田大学同様、慶應大学にも学費が大きく抑えられる奨学金システムがありますので、今回はそちらを紹介します。

学問のすすめ奨学金とは?

学問のすすめ奨学金とは、慶應義塾大学入学を強く希望する首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外の高校等出身者で、人物およ成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由により入学が困難な受験生に対し、経済支援を行うことを目的とした奨学金です。

支給額は年額60万円(医学部は90万円、薬学部は80万円)で、返済の義務はありません。また入学年度には授業料分も支給されます!さらに、2年次以降成績が優秀だと増額されることもあるみたいです!

両親の所得証明書の収入・所得金額を合算した金額が給与・年金収入1,000万円未満(税込)、事業所得金額514万円未満(税込)であることが条件になっています。単純に年収1000万円でもギリギリ対象であるということは、かなり広範囲で良心的ですよね。

こちらも早稲田大学同様、入学前に手続き、審査があります。受験勉強に明け暮れて応募時期を逃さないように注意しましょう!

また詳細は慶應大学のホームページに書かれているので、少しでも気になる方はそちらを見てみてください!

https://www.students.keio.ac.jp/other/prospective-students/scholarship-gakumon.html

まとめ

いかがだったでしょうか。

慶應大学の学問のすすめ奨学金は、対象となる家庭収入の上限がかなり高く、多くの人は申し込むことができるはずです!

このチャンスを逃さないように、勉強だけではなく情報収集も怠らずに受験に挑んでください!