【英語】英語読解力・リーディング力を上げる方法・ステップを解説

受験

はじめに

英語という教科において読解力・リーディング力はとても重要な力ですよね。

読解力の向上はリスニングのスキルアップなどにも役立ちます。

しかしイマイチどのように勉強すればいいかわからないですよね。

そういうわけで今回は英語の読解力・リーディング力を上げる方法を、1からステップごとに解説していきたいと思います。

ステップ1 基礎単語を身につける

まずは基礎的な単語が頭に入ってないとお話になりません。

ですので最初の段階では長文読解は一切にやらずに、基礎単語を覚えることだけに全てを捧げましょう。

この土台がしっかりできていないと後々の学習の効率が悪くなったり、無意味になったりしてしまいます。

基礎単語というのは例を挙げると、

システム英単語 2章まで

ターゲット1900 Part1まで

レベル的にはこの辺りになります。

これは単語帳によって異なりますので、自分の単語帳をよく見てみてください。

ステップ2 簡単な長文+文法+英文解釈+標準英単語

基礎単語が習得できたら、簡単な長文を読み始めるようにしましょう。

300〜400語レベルの長文であれば、英文構造の知識がなくても単語の力だけで読み進めていけることが多いです。

ポイントはできるだけ多くの長文をこなしてみることです。

ここで長文に対する慣れを獲得していきます。

これに並行して、英文法と英文解釈を始めて行きます。

英文法はこの段階で基礎的な部分を全てマスターしておくのがよいです。

文法は英単語と違って発展レベルの問題は少なく、それらの問題も基礎が身についていれば解けることが多いので、ここで基礎をマスターすると後々の負担はそこまで大きくなりません。

ですのでVintageやScrambleといった英文法問題集の、文法・語法の分野をマスターしましょう。

英文解釈に関してはこの段階では勉強し始めるだけなので、どのレベルまで到達するべきという目標はありません。

西きょうじ先生の「英文読解入門 基本はここだ!」を読破したり

「英文解釈の技術」シリーズに手をつけてみたりし始めてください。

そしてもちろん英単語の習得も怠ってはいけません。

ステップ1の基礎単語を復習しつつ、標準レベルの英単語を徐々に覚えていってください。

ステップ3 標準長文+英文解釈+標準英単語

次のステップは標準的な長文を読み始めます。

450〜600語くらいの長文がよいと思います。

このレベルになってくると単語だけのゴリ押しが厳しくなってくるはずで、読み応えがある長文も出てきます。

ポイントは時間はあまり気にせずに、ゆっくり正確に読んでいくことです。

スピードを上げる練習法はこの先に出てくるので焦らずにゆっくりと取り組んでみてください。

並行してステップ2で始めた英文解釈をざっくりとマスターしてください。

標準レベルの英単語も同様にマスターしてください。

ここまでで文法・英文解釈の知識がある程度身につき、標準レベルの英単語もまずまず覚えられていることになります。

そうなればあとは簡単です。

ステップ4 ハイレベル長文+ハイレベル英単語

ここまでの勉強がしっかり出来ていれば、入試問題などのハイレベルな長文にも太刀打ちできるレベルになっていると思います。

ただし中にはものすごいレベルが高かったり、難単語が多く出現してくる長文も出てきます。

そうなった時に、必要に応じて知識を補充していく必要があります。

ここまでくれば後は挑戦と修正の繰り返しです。

ハイレベルな長文に挑戦し、なぜ出来なかったのかを考えその都度知識を足していく、といったプロセスです。

注意点 先へ先へと急がない

この記事を読んで、

「こんなにやることが多いんだ・・・」

と圧倒されてしまった方もいるかと思います。

しかし最も重要なのがステップ1でそれから優先度は落ちていきます。

つまりステップ1がおぼつかないまま先へ先へと急いでしまっては、元も子もないということです。

ステップ4まで進むことができるのがもちろん理想ですが、しっかりとマスターしたステップ3までとおぼつかないまま進んだステップ4では前者の方が戦力になるということです。

ですので焦らずに基礎からしっかりと積み上げていくことを忘れないでください。

コラム 読むスピードを上げる方法

ステップ1〜4の中では練習しませんでしたが、人や試験によっては読むスピードが重要になってくる場合があります。

読むスピードを上げるためによい練習となるのが、音声リスニング・音読です。

教材としてステップ2で使用した簡単な長文を用いることをオススメします。

やり方はまず長文の訳が完全に分かるようになるまで読み込みます。

次に長文の音声を聞きながら英文を上から流し読みしていき、同時に即座に訳を頭の中に浮かべます。

できるようになったら長文を頭の中で訳しながら音読を繰り返します。

これを何度も繰り返すことで長文を読むスピードがアップします。

色々な長文に触れ、頭の中に長文のストックを多く作ることでより読解力の向上にもつながります。

さいごに

いかがだったでしょうか。

読解力を上げるのはそう簡単なことではないですが、読解力が上がれば英語という教科の成績を大きく伸ばすことができるのは確かです。

英語では読解力・リーディング力が一番大事なスキルですからね。

ぜひ気合を入れて取り組んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました